アンテナ設置に必要なグッズに関するまとめサイト

アンテナってどんな働きをするの?

地上デジタルアンテナ

地デジアンテナは地上デジタル放送を受信するためのアンテナです。

まず基本的なところから確認すると、UHFアンテナで電波塔からの電波を受信し、それをチューナーを通じてテレビに反映するというのが地上デジタル放送を家庭内のテレビで映す際の主な流れです。
つまり、このUHFアンテナは地上デジタル放送の電波を受信することが役割であり、地デジ放送を見たい場合には必ずこのアンテナを設置しなければなりません。

ところで、UHFアンテナにもその形状によっていくつかの種類があります。
まず、以前から使われて来たものが八木式と呼ばれる魚の骨のような形で、現在でも新幹線の車窓などから屋根の上に付いているのが見られます。
もう一つがデザインアンテナと呼ばれるもので、コンパクトかつ色も複数用意されているので家の外壁に馴染むというところがメリットです。

BS/CSアンテナ

BS/CSアンテナとは、その名の通りBSやCSの電波を受信するためのアンテナです。
ベランダや屋根の上についている円盤状のものには心当たりのある方も多いのではないでしょうか。
あの円盤状のものこそがBS/CSアンテナです。

BSとCSは地上の電波ではなく衛星からの電波なのでアンテナ自体の大きさや地域ごとの差は地上波の場合に比べて小さくなります。ただし、衛星との間に何かしらの障害がある場合には当然のことながら電波を受信することができません。また、BS/CSのアンテナは角度が非常に重要になってくるので、テレビが映る角度を探してその角度を安定して保てる場所に設置しなければなりません。
ちなみにBSとCSは一つのアンテナで両方を受信することが可能です。


この記事をシェアする